images (1)
1: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)07:57:05 ID:0uK
1中 S9 6話「暴発」
2二 S2 6話「殺してくれとアイツは言った」
3一 S18 15話「善悪の彼岸~深淵」
4投 S9 8話「ボーダーライン」
5左 S10 19話「罪と罰」
6右 S4 13話「最後の着信」
7三 S5 12話「狼の行方」
8遊 S13 19話「ダークナイト」
9捕 S12 7話「目撃証言」

異論は認める


外部リンクオススメ記事






スポンサードリンク

2: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:00:42 ID:MqJ
今回のは結構胸糞やった

3: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:01:55 ID:umz
安定の4番

4: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:02:22 ID:pLb
あんまり見てないけど昨日やってた話はすごかった

5: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:02:26 ID:hXB
全部分からん
解説欲しい

6: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:02:59 ID:Sp9
むしろ心地いい回教えてくれませんかね…

8: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:04:35 ID:MWE
ウィンパティオ……ウィンパティオ……

9: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:04:55 ID:g9Z
昨日のやつ作業しながらやったからちゃんと見れんかったけど深そうやったな

10: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:05:18 ID:0uK
暴発(S.9-6)
特命係を加えた組対5課による暴力団・二見興業への一斉摘発。
その最中、二見興業の事務所から構成員の射殺体が発見される。
誰が鎌田を、何故撃ったのか?逮捕された9人の構成員は犯人も、
そして被害者の身元さえ語らず黙秘を貫く。また、火薬残渣からの犯人の特定は難しく、捜査は難航する。

そんな中、厚労省麻薬取締部(麻取)の五月女が自らも内偵を続けていた
二見興業の送検を手伝わせてほしいと依頼してくる。反発する角田課長だが、
麻取の掴んだ薬物ルート提出などの条件により、川上組対部長は了承する。
薬物購入者の一斉検挙を進める5課だったが、逮捕の情報を事前に得ていたかのように
呉純一という男性が逃亡する。右京と尊は、呉に薬物を売っていた
構成員の後藤浩一に興味を持つ。
麻取の情報提供により撃ち殺された構成員が鎌田健作という人物だったことが分かる。
一気に進展する捜査だが、麻取が二見興業を取り調べた翌日
それまで黙秘を貫いていた構成員たちが一斉に自供を始める。
「あれは殺人ではなく、銃の暴発だ」…9人が全員、事故だと主張し始めたのだ。
撃ったのは、後藤。この情報を聞いた右京は、死亡した鎌田が
麻取の潜入捜査官である可能性に気づく。それを裏付けるかのように
呉、そして呉と同様に後藤から薬物を買っていた志村理恵という女性も麻取の捜査官である
事を突き止める。つまり、後藤は呉達に麻薬を証拠提出していた、麻取の協力者だったのだ。

11: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:05:42 ID:0uK
右京と尊は、後藤が麻取への協力がバレる事を恐れ、潜入捜査が
バレそうになっていた鎌田を撃ち殺したのではないか、と推測。
あくまで真相を追求する右京の前に五月女が立ちふさがる。
暗躍する五月女は警察上層部を抱き込み、事態の隠蔽を図っていた。
一方五月女の話を聞いた尊は、後藤の身を案じ供述通り
過失致死での送検をすべきではないか、と主張し始めるが
右京はあくまで殺人罪で送検すべきであると譲らない。
二人の主張は平行線をたどり、別々に行動を取り始める。
捜査一課の協力を仰ぎ、後藤の取り調べを始める右京。
右京は鎌田の衣服についていた火薬残渣から真相を見抜いていた。
潜入捜査がバレそうになった鎌田が、麻取の一斉摘発を成功させるため
銃を持つ後藤の手を握り、引き金を引いた…鎌田はあえて後藤に射殺されたのだ。
それを聞き、錯乱するように助けを求める後藤。
鎌田の死を無駄にしないため過失致死で送検すべきと主張する五月女。
殺人罪、最低でも自殺幇助で送検すべきと右京は譲らない。
一連の真相を知った伊丹は揺れ始める…

12: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:05:48 ID:0uK
呉が後藤から薬物提出を受けていた証拠映像が消されていた。
尊が消したのだ。これで、鎌田たちが麻取の捜査官であることも
そして後藤がその協力者であることも有耶無耶になってしまった。
特命係を訪ねた捜査一課の三浦。後藤の追加の供述調書を右京に見せる。
「そんな調書を作るように、どなたかに入れ知恵されましたか」
「いいえ警部殿…私もね、自殺じゃなく暴発事故にしてやりたい…
そう思ったんですよ。失礼します。」
花の里で尊に再会する右京。
「僕は、自分のしたことが間違っているとは思いません。」
右京がおれない以上強硬な手段に出るしかなかった、そう謝罪する尊に
「罪を償うことなど、決してできない…僕は今でもそう思っています」
と語るのだった。

13: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:06:14 ID:NRs
ダークナイトしか思い出せない

14: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:06:43 ID:0uK
殺してくれとアイツは言った(S.2-6)
小説家・菅原英人の下に送られた脅迫状。菅原がラジオで
「殺してくれ」と不用意に発言した事を受けたものだった。
警護を任命された特命係は、一連の事件が妻を殺害するための
菅原の狂言だったという事実を突き止める。しかし、状況証拠ばかりで
菅原を逮捕する確たる証拠はない。そんな特命係を嘲笑い
日本を発とうとする菅原だったが、その直前ファンに刺殺されてしまう。
その動機は「(ラジオで)殺してくれといったから」。
話は菅原が刺された場面で終わる。

15: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:07:28 ID:Urb
相棒で昔うさぎの着ぐるみが犯人の回あって怖かったわ

16: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:07:31 ID:jAH
ありふれた殺人がないやん

18: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:07:35 ID:0uK
S18 15話「善悪の彼岸~深淵」

昨日のやつや見逃し配信で見てこい

20: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:08:32 ID:g9Z
きのうのおっさんはなんで自殺したんや?

21: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:08:37 ID:0uK
ボーダーライン(S.9-8)
ある建築現場から、柴田貴史という男性の転落死体が見つかった。
至る所に刃物による傷があり、通り魔による犯行と見られたが…

柴田の胃の内容物に興味を持った右京は尊と共に柴田のここ1年の足取りを辿り始めた。
柴田は転々と職を変え、兄とも疎遠になっていた事から捜査は難航する。
それでも、柴田がレンタルコンテナを借り寝泊まりしていたことを突き止める右京と尊。
寮付の仕事を手に入れたにもかかわらず、何故?
その後、柴田が違法請負業者への就職、生活保護申請の却下などを経て
追いつめられていた状況が明らかになっていく。
更に、柴田が古物商の免許取得を皮切りに、名義貸しで日銭を稼いでいたこともわかった。
それもできなくなり、食うに困った柴田は、試食品を食べ歩く毎日に…

22: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:09:03 ID:0uK
死の直前までの柴田の足取りを洗った右京と尊は、ついに真相にたどり着く。
柴田は、自殺だった。かつて勉強していた医療事務の知識を生かし、
自分で自分に切り傷を付け、襲われたように見せかけ、ビルから身を投げたのだ…
真相を聞かされ、愕然とする柴田の兄に、右京は自分の推測を聞かせる。
「彼は、『社会に殺された』……そう訴えたかったのかもしれません。
正社員になれるはずだった会社を解雇され、婚約者に捨てられ、家族にも頼れない中、
住む家も、新たな仕事も失くし、頑張って取得した資格も役に立たず、
福祉にも見捨てられ…とうとう、犯罪に手を染めてしまった。
そうまでして続けた就職活動もうまくいかず、やっと得た安眠の場も追い出され…
やがて食べるためだけに歩く毎日になった。それもしにくくなったある日…
彼は以前住んでいたアパートに、新しい人が入ったことを、知ったのでしょう。
これで、就職活動に使える住所もなくなった。絶望するなという方が無理かもしれません」

柴田のあまりに惨めな最期に切なさを感じる尊に対し、
右京はこう締めくくった。
「周りの人間も、そして彼自身も、手を差し出す勇気が無かったのかもしれません、
もしどちらかが、本気で手を差し出していたら、このようなことにならなかったんじゃありませんかねえ。
残念ですねぇ…」

23: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:09:19 ID:umz
明日は我が身やで

24: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:09:41 ID:uyT
流石中世ジャップランドや怖すぎる

25: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:09:55 ID:0uK
罪と罰(S.10-19)
遺伝子工学の主席研究員、嘉神郁子。彼女は事故で夫と息子を喪った
娘・茜に懇願され、茜を使ったクローン人間制作に着手してしまう。
クローン胚を母体の茜に注入し、あと数か月でクローン人間が生まれようと
した時、文科省に匿名の告発文書が届く。文科省の追及を受けクローン人間制作の事実をあっさりと認めた郁子。

一方、総理補佐官の雛子に、首相官邸へと呼び出された郁子の息子、隼人。
敬虔なクリスチャンである隼人は母の行いが許せず、郁子を罰しようと告発文を送り付けていたのだ。
しかし、国際的な問題となることを恐れた雛子たち政府はクローン制作の隠蔽を図り、
隼人にも口止めを強要する。やりきれない隼人は、公園で演説を始めた。
「あと数か月で、この日本にクローン人間が誕生するんです!」…

それを知った茜はその夜隼人を訪ね、殺害してしまう。しかし連絡を受けた郁子は茜を庇い代わって自首をした。
取調べで隼人を、息子の皮をかぶった悪魔、と罵る郁子。隼人の演説を偶然聞いていた右京と尊はそんな郁子に興味を持ち、捜査を開始する。

27: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:10:34 ID:umz
>>25
再放送ガチ勢やからこの回知らんわ

26: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:10:22 ID:0uK
隼人の着ていたコートから、郁子犯人説に疑いを持つ右京。
一方尊は雛子と長谷川に呼び出され、右京のクローン追及を止めるように依頼される。
真実の追及とクローン人間への上で揺れる神戸はある決意をする。
(長谷川は、過去の事件で右京と尊に因縁を持っている)

茜を真犯人だと断定した右京と尊は郁子を連れ出し茜を追及する。
殺人を認めた茜だが右京はさらにクローンの件について郁子と茜を問い詰める。
そんな右京に尊は妥協点を提示した。クローンの件は、伏せるべきではないか、と。クローンの子供が辿る運命を盾に…
「クローン人間が生きられる場所がどこにありますか?世界中どこにも
受け入れ態勢が整っている場所がないんです。生まれてくることを想定されていないんですから…
我々が事実を知ってしまった瞬間、その子供は、怪物にしか見えなくなる…!」
しかし、右京はそのような説得で折れる人間ではない。覚悟を決めた尊は、右京の隙を突き、茜を連れ去ってしまう。

28: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:10:49 ID:0uK
「杉下さんがどうしても、クローンの一件で嘉神博士を検挙したいというのなら
僕はお腹の中の子供を、始末します。僕が相棒として、協力できるのは、それぐらいですから…」
茜の子供を盾に、右京を説得、いや脅す尊。そんな尊の本気を見た右京は、ついに折れる。
「存外君は、ずるいですねぇ…君に人殺しをさせるわけにはいかないじゃありませんか…」
「そう、僕が殺そうとしているのは人間なんです…怪物なんかじゃない…」

「あそこにいる資格がないっていうか…杉下さんの大事なものを
踏みにじってしまった気がして…」
右京に信念を曲げさせた事を受け、特命係から飛ばしてほしいと大河内に懇願する尊。
大河内と右京の説得を受け、何とか踏みとどまるが…
後日、辞令が発令され尊は警察庁の長官官房付へ異動することに。
どうやら、今回の一件で暗躍した長谷川が裏で手を回したらしい。
反発する尊に長谷川は、
「君は依然、警察庁に戻れという命令に背いているね…今度も命令に背いたら、クビだよ?
まあ、君とはいろいろあったが、これからは仲良くやろうじゃないか…」

数か月後、隼人の事件の初公判で茜が突然倒れてしまう。出産が始まったのだ。
病院に運ばれ緊急手術を受ける茜。しかし、甲斐むなしく、茜は流産してしまう…
病院で再会した右京、尊、郁子。医師から流産を告げられ、郁子は後悔の涙を流す。
その様子を見守り、右京と尊は久しぶりの会話を交わす。
「送りますよ。」
「やめておきます。ようやく、独りに慣れてきた頃ですから…」

29: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:12:09 ID:0uK
最後の着信(S.4-13)
脇幸太郎という男性の転落死体が見つかった。所持していた3色の携帯電話から、
右京は脇が麻薬の売人だったのではないかという仮説を立てる。事実、脇は3年前麻薬所持で送検されていた。
当時脇を取り調べた菱沼刑事に引っ掛かりを右京は引っ掛かりを覚える。
その後の調べで脇が警察の情報屋だったことが発覚。
3年前の逮捕以来、脇は菱沼刑事とつながりを持っていたのだ。
菱沼刑事に薬物提出する代わりに、事故などを見逃してもらう・・・
このような手法で菱沼は脇をエス(スパイ)として仕立て上げ、
薬物押収のエキスパートとなっていたのだ。完全な違法捜査である。
麻薬の仲買人の証言から脇が麻薬から足を洗いたがっていたことが分かる。
死亡直前に同窓の白坂由美と再会し、結婚の話をしていた脇。由美との結婚を考えて
菱沼に離別を申しわたしていたのではないか・・・?
そうなると、菱沼が口封じの為脇に殺意を抱いていた可能性もでてくる。
事実、菱沼は仲買人に脇の情報を伝えていたのだ。
脇の口を封じるため殺害を見越して仲買人に脇の情報を伝えた・・・
仲買人の証言から騒然となる警察上層部。

30: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:12:15 ID:0uK
犯人は、まったく無関係のお好み焼き屋の店員だった。
自分の出したお好み焼きに対し脇に文句をつけられ、カッとなって突き飛ばしたのだ。

真犯人逮捕と共に脇の素性について知らされる由美。失望の色を隠せない由美に薫は
言い募る。
「でもアイツね、あなたとの結婚は真剣に考えてましたよ?」しかし、由美は
結婚の話を「冗談だった」と言い切り去って行ってしまった。
「罰なのでしょうかねぇ、麻薬に手を出した・・・」
右京は引き下がらない薫を押しとどめ、そう諭すのだった。

31: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:12:27 ID:CFm
潜入捜査~私の彼を探して!
これも中々の胸糞会やけどスタメンには入らんか…

32: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:12:59 ID:0uK
狼の行方(S.5-12)
団地に住む少年、雄一と亮司が行方不明になる事件が発生。
現場に駆け付けた特命係がゴミ置き場で眠る二人を発見するが、
二人は何者かに閉じ込められたと証言。犯人像がはっきりしない中
警察は現場周辺をうろついていた神崎という男を確保する。
少年たちは神崎が自分たちを閉じ込めたと証言するものの証拠がない。

神崎は美紀という女性のストーカーであり事件当時も
美紀から抗議の電話を受け呼び出されていた。
とすると、犯人はだれか。右京はごみ置き場の状況から、
事件が少年二人の狂言である事を看破。
少年たちも素直に認め、神崎は釈放される。

無実が証明されたものの、神崎はイメージ悪化を恐れた判断で
会社をクビになってしまう。美紀からも完全に拒絶された神崎は、
狂言で自分を陥れた少年たちに復讐するべく、今度は本当に少年たちを拉致する。
とあるプールの更衣室に二人を監禁し、ガソリンをまく神崎。しかし、異変を察知した
右京と薫によって一大事は免れ、神崎は逮捕された。
感謝する少年たちに、右京と薫は厳しい目を向ける。
「君たちの嘘のおかげで、あの人は本当の犯罪者になってしまったのですよ・・・」

33: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:13:59 ID:0uK
ダークナイト(S.13-19)
法律で裁くことのできない悪党を私的に制裁してきた連続暴行犯「ダークナイト」。ここ2年間で5件もの犯行を重ね、
そのヒーロー性から世間は喝采を浴びせていた。一方、理由はどうあれ、暴力で制裁を加える
ダークナイトのやり方に眉をひそめながらも興味を持つ右京。享はそんな右京に対し、ダークナイトに共感するそぶりを見せる。
その享は、親友の梶の妹、景子の3回忌に参列していた。景子は3年前、ドラック常用者・浜中に通り魔的に惨殺されていた。
浜中はその後、心神喪失として不起訴になっており、享と梶にも今なお苦い記憶を残していた。

ある夜、政務活動費の不正流用疑惑が持ち上がっている都議会議員の辻堂が何者かに暴行を受け、死亡した。目撃者の証言から
伊丹ら捜査一課は犯人をダークナイトと断定。「ダークナイトがついに人を殺した」と色めき立つ。
被害者を殺害してしまった点、ターゲットが今までと異なる点からダークナイトの模倣犯説を主張する享は、右京と共に捜査を始め
種村和馬という男にたどり着く。押収品から種村が辻堂殺害犯であることは間違いないが、種村はさらに自身がダークナイトであると主張し始める。
それを頑なに否定する享。しかし、今までのダークナイトの犯行で証拠が一切残っていなかった事から種村の主張を否定することはできず、
またマスコミに情報が洩れ種村ダークナイト説が世間に定着し、享はいら立ちを見せ始める。

35: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:14:26 ID:0uK
検察聴取の最中、種村が地検から脱走した。逃走の手際の良さから、右京は何者かが種村に指示を与え逃走を支援していたのではないかと推理。
その種村が、今度は暴行を追った状態で発見された。ここに来ても尚種村は自分が本物だと主張。「支援者がいる事こそが、ダークナイトのステータスだ」と…
その様子を苦々しげに見つめる享。

そんな享に、右京はダークナイトの動機について語り始める。そもそも、ダークナイトは目的意識があって誕生したものではないかと。そして、その動機が
景子が犠牲になった事件ではないか…犯人の浜中は釈放後、暴漢に襲われ重傷を負っていた。犯人は不明、右京は迷宮入りとなったこの事件に注目し再捜査を始めていたのだ。
この事件こそが、ダークナイトの初犯だったと断言する右京。享に離別を言い渡し、梶への聴取へ向かう。

梶に、事件当時のアリバイを聞く右京に享が言い放った。「ソイツは、犯人じゃありませんよ!…」
種村襲撃は、種村が模倣犯だと証明するため、また本物のダークナイトのアリバイを作り出すために、梶が引き受けた犯行だった。
梶もまた、ダークナイトの模倣犯だった。では、本物は?問いかける右京に享は…
「あなたと、一緒に居ました」
本物のダークナイトは右京と一緒にいたという享。

36: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:14:52 ID:0uK
ダークナイトは他でもない、享だったのだ。

自分が出したボロで追いつめられたことを自嘲する享に対して右京は激昂する。
「君が悔いるべきは、そこじゃないだろう!!」…そして、ダークナイト・享は逮捕された。
直後に大河内の監察官聴取を受ける享。
「親友になり代わり、仇を討つ…聞こえはいいが、愚かな行為だとは思わなかったのかね。」
「思いましたよ…だからこそ、目の当たりにしないと分からないんです」
復讐に走ろうとした梶を止めるため、浜中襲撃を行った享。しかし、その時に得た称賛の声が忘れられず
享は制裁を繰り返し、ダークナイトとなってしまったのだ…
一方峯秋は、享の犯行が右京に起因するものではないかと指摘する。
どうにも太刀打ちできない右京への嫉妬が原因なのではないか?
享は右京の正義感に毒されてしまったのではないか?その見解を踏まえ峯秋は右京を「劇薬」と評する。

37: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:15:12 ID:0uK
享の逮捕に伴い、右京も上司としての責任が問われることに。無期限の停職処分である。
右京はそれを受け海外旅行へと赴くが、空港にて享と再会する。
右京の出国を知った伊丹達の計らいだった。しばし二人きりになる右京と享。
一緒に歩んできたはずなのに、最後には道を違えてしまった。そんな享に、右京は「愛想が尽きた」と語る。
「傍に置いておきながら、渡らせるべきでない道をむざむざ渡らせてしまった自分に対して、ですがね。」

「しかるべき時が来たら、また会えますよ。二人はまだ途中じゃありませんか。」そう享に声をかけ、搭乗口へと歩いていく右京。
その後姿を、享は目に涙を浮かべながら見送っていた。

機内。享との3年間を思い浮かべながらそっと目を閉じる右京。飛行機は日本を離れて行く。
再び独りとなった右京はこれから何処へ向かうのだろうか?それは誰にも知る由が無い…

38: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:15:59 ID:0uK
目撃証言(S.12-7)
カフェのアルバイト店員・千倉の撲殺死体が見つかった。
事件の捜査を始めた右京と享は、千倉が店長となった三年前
自転車によるひき逃げ事件を目撃していた事を突き止める。
被害者は清水ハルという女性、赤い自転車がハルを轢いたという
千倉の証言によって当時会社員だった佐野という男性が逮捕されていた。

刑期を終え出所していた佐野に話を聞く右京と享だが、佐野は轢き逃げ事件について
歯切れが悪い。佐野によると轢き逃げ自体が冤罪だったというのだ。
確かに佐野はハルの近くにいた。しかし自転車を走らせていた佐野の目の前でハルが突然
倒れたというのだ。ハルを起こして去って行った佐野の後ろでハルは再び倒れこんだ…
それを千倉が目撃したらしい。偽の目撃証言のせいですべてを失ったと佐野は語り、
「その目撃者が本当に轢き逃げするところを見たのか、聞いてみたいですよ!」と憎々しげに吐き捨てた。

その後、ハルの息子・稔や、千倉と交際していたミクの証言から千倉が轢き逃げ事件についての手記を
出版しようとしていた事が明らかになる。また、ミクは他の男とも交際しており、その男に貢ぐため
千倉から金を巻き上げていたらしいこともわかり、捜査一課はミクの犯行を疑う。

39: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:16:26 ID:0uK
千倉が更新していたブログで、右京は目撃証言により千倉の心境が前向きになっていた事に注目する。
それまでカフェの仕事に愚痴をこぼしていた千倉は、轢き逃げ事件の証言という体験を機に、
仕事にも自信が付き、ついには店長に抜擢された…そんな千倉の心を変えたのが
目撃する際に刑事から言われた一言らしい。
「被害者の無念を晴らせるのは、君の一言だけだ」…
しかし、目撃証言にしては少し大げさすぎないか。当時の供述調書を調べた右京は
捜査の過程で、千倉の証言が大幅に変わっている事に気づいた。担当刑事は刑事課の片山。
当時、議員殺害事件の捜査本部にいた片山は、佐野の取り調べの為緊急招聘されていた。
早く議員殺しの本部に戻りたい…そう漏らしていたという片山。もしそうならば、
千倉の証言は佐野の事件を早く終わらせたいがために片山が誘導した虚偽の証言の可能性が出てくる。
そして、手記の出版をする千倉が片山には邪魔となる。片山にも動機があったのだ。
佐野、稔、ミク、片山…次々と容疑者が浮上する中特命係は佐野のアリバイの裏付け捜査を要請される。
捜査を妨害するための中園参事官の策略だったが右京と享はあっさりと佐野の目撃者を見つけてしまう。
これに疑問を覚えた右京は、目撃者を問い詰め佐野にアリバイ証言を依頼されたと自白する。

40: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:16:48 ID:0uK
千倉を殺害したのは佐野だったのだ。出所後、目撃者を捜そうとした佐野は
千倉のブログを発見し、目撃者が千倉だと確信。自分を陥れた千倉は嘘の証言で舞い上がっている…
怒りを覚えた佐野はバイト先に向かう千倉に声をかけた。
「あの時の…」そういってくれればまだ許せたかもしれない。しかし、千倉は
「誰ですか?」 その言葉にカッとなり、思わず…
「何が、目撃者だ!」犯行当時を思い出し、思わず叫ぶ佐野。そんな佐野を右京は厳しく諭す。
「人が不当な目に遭ったときに、人に対してやってはいけないのは不当な手段による復讐です。何故か分かりますか?
それは不当な手段による復讐を果たしたとき、不当な目に遭ったこと自体が不当ではなかったと周囲に思われてしまうからですよ」
その言葉に佐野は大きく泣き崩れた…

その後、片山を訪れた右京と享。佐野の犯行を知っても
「あんたらも同じ立場だったらそうだろう?」と開き直る片山に右京の一喝がとんだ。
「あなたと、一緒にしないでもらいたい!」しかし、その言葉が片山に届いたのだろうか…

千倉のパソコンに残されていた手記原稿を読む右京と享。
そこには、自分が本当は現場を目撃していなかった事を踏まえ、後悔の念がつづられていた。
その心がもっと早く佐野に届いていれば…右京と享にとってはあまりに惜しい結果であった。

41: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:18:06 ID:0uK

42: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:19:19 ID:hXB
ダークナイトは覚えてるわ

44: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:20:18 ID:g9Z
文字起こしのほうが内容わかるな

46: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:21:15 ID:0uK
今回の話がかなり胸糞やったから立てたで

47: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:21:41 ID:g9Z
昨日の痴呆の犯人ってなんで自殺したんや?

48: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:23:02 ID:0uK
>>47
南井の相棒の自殺になぞらえてやったor内なるモリアーティーの自殺偽装

49: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:24:13 ID:elz
暴発はまじで傑作

50: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:25:24 ID:0uK
個人的には
ありふれた殺人
最後の灯り
編集された殺人
特命
酒壺の蛇
あたりは打線いれてもよかったかもと思う

51: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:25:41 ID:AaB
6番は桐谷健太のやつやっけ

53: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:26:21 ID:0uK
>>51
そうそう

54: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:29:31 ID:g9Z
ワイはアホやから推理ものずっと見てられへんのよな
右京さんがガ●●みたいに高所から紅茶注いだりキレそうなところにしか印象に残らん

55: 名無しさん@おーぷん 20/02/06(木)08:33:47 ID:0uK
>>54
ボーダーラインは全編キツくて印象残るからオススメやぞ

元スレ: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1580943425/








あなたへのオススメ記事

スポンサードリンク